どろであそぼう

出版社:福音館書店 かがくのとも 2000年8月号

「どろだんご」は、よく耳にする泥遊びですが、泥遊びはそれだけではありません。「どろおはぎ」「たからさがし」「どろえのぐ」、どのようなかたちにも変化するどろは、たくさんの遊び方を持っています。絵本で紹介されている泥遊び以外にも、遊びかたを探したくなる作品です。

いしころで あそぼう

出版社:福音館書店 かがくのとも 1997年11月号

「石っころ」を使って遊ぶ方法をいくつ知っていますか?「石くずし」「みずきり」「いろがわり」・・・。 川辺や公園に落ちている「石っころ」は、さまざまな遊び道具に変身します。まるい石っころ、ひらべったい石っころ、どの石っころが、どの遊びに適しているか、それを探すのも楽しみなる絵本です。

ぼうっきれであそぼう

出版社:福音館書店 かがくのとも 1995年5月号

公園や木の下に落ちている「ぼうっきれ」。 「ぼうっきれ」を使って、砂の地面に絵を描いて遊んだ記憶はありますが、その他に「ぼうっきれ」を使う遊びはあるのでしょうか? 「ぼうしかけ」、「ぼうっきれがっき」、この絵本では「ぼうっきれ」を使って楽しむさまざま遊びを紹介します。

どろだんご

出版社:福音館書店こどものとも年少版 1989年7月号

こども達は小さな地球をつくります。だって、どろだんごの粘土の芯は地球の核、泥べちゃは地球のマグマ、そして、さら砂は地殻だからです。 この絵本では、 泥をまぜた特製の絵の具で、こども達の素敵な創造物を描いています。出来上がった地球を子どもたちはどこにしまうのでしょうか。 文:たなか よしゆき

原画を公開中

購入はこちら